• トップ /
  • 傷害事件の際に弁護士に依頼する

刑事事件は弁護士に相談

傷害事件によって逮捕された時は起訴されれば刑事裁判になります。逮捕された理由が事実であっても少しでも刑を軽減したり、執行猶予付きの判決を取るためには正しく取り調べを受けて裁判になれば正しく対応しなくてはなりません。しかしほとんどの人が取り調べを受ける事や刑事裁判になれていません。そのため一人で全て行うのはかなり難しい事になるので、弁護士に依頼して弁護活動をしてもらう方が良いです。弁護士を利用する事で逮捕後に専門家に相談できるメリットがありますし、裁判になった際も専門家として弁護活動をしてもらえます。専門家に依頼する事で費用は発生しますが、それ以上のメリットがあるのです。また傷害罪の場合は相手と逮捕後に相手との示談が成立する事で起訴されず起訴猶予などになる可能性が高まります。しかし逮捕されてしまえば外部と連絡を取る事も許されないので、相手との示談交渉は当然できません。それでも弁護士に相手との示談交渉を頼む事はできるので、逮捕された後でも示談交渉ができる事も弁護士に依頼する事のメリットです。傷害事件等で逮捕されてから弁護士を呼ぶ事は可能でも自由に外部と連絡を取る事はできないので逮捕されてから専門家を探すのは現実的ではありません。何らかのトラブルに巻き込まれた時に備えて信頼できる専門家を探しておくと良いです。

↑PAGE TOP