• トップ /
  • 傷害と弁護士費用について

損害賠償事件における弁護士費用

一般に、弁護士費用は裁判の相手方に請求することができません。しかし傷害などを受け、加害者に損害賠償を請求する場合には、弁護士に支払った費用も加害者に請求できるのが通常です。ですから、傷害を受けた場合は他の類型の事件よりも、 特に弁護士に依頼するメリットがあると言えます。一方的に加害者が悪い場合、たしかにご自身で裁判をして勝てるかもしれません。しかし、勝ち負けだけが問題ではありません。例えば、ご自身で病院での治療代の請求をして裁判に勝ったとします。しかしその場合、病院への交通費、家事ができないために雇ったヘルパーさんの代金、傷害により出勤できず減ってしまったお給料など、本当は2倍も3倍も請求できたはずのお金を請求せずに裁判が終わってしまうことになります。一度終わった裁判は、やり直しができません。弁護士に依頼すると費用はかかりますが、あなたに生じた損害、傷害がなければ得られたであろう利益、これらの費用や利益が最大限あなたの手元にくるよう弁護活動をしてくれます。また、例えば交通事故の被害に遭い、あなたの時価40万円の車を60万円かけて直したとします。その場合、裁判では40万円しか請求が認められないこともあります。傷害や事故のトラブルに遭ったときは、できるだけ早く弁護士に相談してから行動することで、まさかの事態に陥らずに損害を回復できる可能性が高まります。

↑PAGE TOP