• トップ /
  • 傷害と弁護士相談について

傷害に関する弁護士相談

交通事故や電車内でのトラブルなどにより、あなたが傷害を受けてしまったとき、『明らかに相手が悪いのだから、お金を払ってもらえるはず。自分には非がないから、弁護士に弁護してもらわなくても大丈夫なはず』とお考えになるかもしれません。しかし、このような場合は、できるだけ早く弁護士に相談することをおすすめします。一般に、傷害を受けた場合、加害者の行為とあなたの受けた傷害との間に因果関係が認められる必要があります。また、加害者に故意又は過失があること、責任能力があることが必要になります。加害者が、自発的にあなたの言い分どおりのお金を払ってくれるのであれば良いのですが、残念ながらそういうケースは多くないです。加害者に逃げられてから相談に行くのでは、証拠の収集などが遅れ、弁護のしようがないということもあります。傷害を受けたとき、できるだけ早く弁護士に相談することで、傷害の証拠の保全、現場の検証、目撃者からの証言の確保など、将来裁判になったときに勝てる弁護方法を考えてもらえます。また、たとえ裁判に勝ったとしても、相手に財産がなかったり、財産を隠されてしまっては、実際にお金を手にすることができません。弁護士なら、このような事態への対処法も心得ています。早めの弁護士への相談は、お金が『実際に』あなたの手元にわたる可能性を大きく高めます。

↑PAGE TOP