自転車保険に入ることのメリット

自転車保険には相手の怪我や損害を補償する個人賠償責任保険と自分自身に対する傷害保険があります。現在販売されている自転車保険にはこの2つがセットになっているものがほとんどです。

すでに自動車を持っている人ならば、自転車事故に対する特約もありますのでこれで十分と考えがちになりますが、自動車保険の特約では自転車保険の個人賠償保険のみで、自分の怪我や損害を補償してくれる傷害保険は入っていない物が多くあります。

ですから、今の特約で十分と思っているといざという時にこんなはずではなかったということになりかねません。同じように火災保険や傷害保険の特約でも被害者への補償はありますが、自分の怪我や損害については補償外の物がほとんどです。

このように、自転車での自分の怪我や損害を補償してくれるのは自転車保険だけということは知っておいてください。

●自転車保険のメリットは賠償金だけでなく、自分も守ってくれることです。
自転車保険に加入するメリットは、事故を起こした時の賠償金の支払いだけでなく、自分の怪我や損害も補償してくれることです。さらに被害者との示談交渉も請け負ってくれる保険もありますので、これらのサービスが充実している保険を選ぶと安心です。

次に注意したいのが、賠償額です。保険に加入する際、まず気になるのが保険金ですが、保険金だけに目を奪われているといざという時の補償が低くて困ってしまうということになります。

自転車の事故なんてそんなたいした事にはならないだろう、自分は安全に気をつけているから大丈夫と考える人もいるでしょうが、電動アシスト自転車も、ピストバイクも、ロードバイクも簡単に30キロくらいのスピードは出てしまいます。このスピードは原動機付自転車、原付と同じスピードですから、もし事故になった時、相手も自分も大きな怪我になることが予想できます。

また、自転車事故の裁判でも1億円近い支払い命令が出ています。これらのことを考えると十分な補償内容の保険を選ぶことの大切さがわかります。事故は自分も相手の人生も台無しにしかねません。保険料だけでなく保険内容も自分にあったものを吟味して加入しましょう。

Copyright © 電動アシスト自転車での事故とは?. All rights reserved.