• トップ

弁護士に相談することのメリット

傷害を受けたとき、加害者が100パーセント悪い場合などは特に、『弁護士に相談する必要はない。自分で裁判をして勝てるはずだ。』と思われるかもしれません。しかし、次の理由から、弁護士に相談することをおすすめします。まず、一般に、不法行為に基づく損害賠償を請求する場合、弁護士費用を加害者に請求できることが多々あります。このような弁護士費用は、不法行為によって生じた損害であると裁判所が判断することが極めて多いからです。次に、加害者への請求もれの防止。例えば傷害の治療費以外にも傷害によって支出したと評価できる費用があるかもしれません。病院への交通費、家事ができなくなった期間に雇ったヘルパーの代金、働けなかった期間の給料など。弁護士に相談すれば、加害者に請求できる額をもれなく算出してくれます。後で請求もれに気付いても、裁判は一度終わってしまったらやり直しができません。また、加害者があなたの言い分を認めない場合、裁判で勝つことは容易でなくなります。加害者が『被害者にも過失がある』だとか『その傷害は事故によって生じたものではない』などと主張してきた場合、たとえ100パーセント加害者が悪い事故であっても、裁判で勝つための主張や証拠の提出を自身で全てしなければなりません。不法行為の場合、損害と加害者の行為との間に因果関係の存在、加害者に故意又は過失があることなどを証明する必要があるので、法的な主張や証拠の収集などにもれがあると、裁判に勝てないということが十分にあります。傷害を受けた場合、なるべく早い段階で法律のプロに相談することで、満足できる解決を実現してもらえる可能性が飛躍的に高まります。

↑PAGE TOP